引越しを経験して学んだこと

今まで体験した引越しの中で、とくに大変だった件が現在の家に越してきた時の諸々です。
諸々というのは恐ろしいことに、ありとあらゆる苦難があらゆる形で襲ってきたこと。

そのうちの苦難の一つが、引越し当日一週間前を控えた時に起きた出来事でありました。
その時の引越しは、今まで家族全員で住んでいた住居から、私と親は今住んでいる場所へ、姉は一人暮らしを始めるために別の場所へ、と若干ややこしい引越しでした。

そのため、当たり前ですが姉の私物と他の家族全員の物は別の引越し業者が扱うため、別の箱に詰めるなどの気を遣う必要があったのです。
姉も年頃なので自分の荷物は自分で詰めると断言していましたが……引越し一週間前になってもロクに詰められていなかった現実が横たわっておりました。

それだけで十分危機感は満載なのですが、これで話は終わらない。
なんと、姉が仕事先に通勤する途中、交通事故に遭い、挙句の果てに原付バイクに乗っていた姉を轢いた相手の車は逃げ出してしまったという始末。

いわゆる轢き逃げですね。
幸い命に別状はなく、重症とは言っても後遺症が残るわけでもないし、目立った傷痕も残らないと不幸中の幸いでしたが……引越しを目前に控えたという現実は、やはり変わらない。

重症人に引越しの準備をさせるわけにはいかず、慌てて私たち家族が姉の荷物を「いる物」「いらない物」もわからずとにかく詰め込み、仕事が怪我でできない間の保険金やら仕事先への手続き、交渉に親と姉は追われ、やっぱり無慈悲にも引越し当日は刻一刻と迫り……。
よく引越しできたよな、と今でも思います。

とくに姉は……。

たったの一回の引越しですが、私はいろんなことを学びました。
それは一人で頑張らないという事です。

最初お金がかかるからと、引越し業者には頼まずに全部一人でするつもりだったのです。
一人なので、荷物も少ないしできると思ったのです。

でも実際は無理でした。
冷蔵庫もテレビも重くて、二階にまで運べませんでした。

私は慌てて両親を呼んだのです。
朝には一人で大丈夫だから、と家を出たのに結局は手伝いに来てもらったのです。

ぶつぶつ言いながらも、手伝ってくれてとても助かったのです。
でも何がどの箱に入っているか、全くわからないと言われました。

自分ではわかっているのです。
でも両親にはわからなくて当然です。

だから箱には中身が何か、書いておこうと思いました。
初めての引越しなので、何をどうしたらいいか全くわからないのです。

もっと簡素に引越しをしたいと思いました。
もっと手際よく、引越しができたら早く終わっているでしょう。

とりあえずいるものを箱に入れていました。
割れものだってぐちゃぐちゃなのです。

それじゃいけないと学びました。
もしも私は引越し業者だったら即くびでしょう。

間違いありません。
もっと考えて準備をしておかないといけません。

引越しはサカイが良い!

引越しをしたのは10年ほど前になるのですが、その際のことやどの業者がおすすめか以下書きます。
引越しの際は複数で見積もりを取るのが良いと思います。

私はそのことには無頓着だったのですが、最初アート引越しセンターで決めており、自分で箱詰めするための段ボールもいただいていました。
その後サカイに打診したところ同じくらいの値段で見積もりをくれたので、もうアート引越しセンターでしてもらうから結構と断ったのです。

そうすると1万円以上の値引きをしてくれました。
本当にラッキーでした。

値引き交渉ができるとは知りませんでしたので。
たしか4トントラック1台と作業員3人で大阪から京都まで10万円でした。

成約できたのでお米1キロの粗品もいただきました。
その後、引越し当日はテキパキとはかどり、ただ箱詰めしていないものは運搬を拒否されましたのでその場で私がささっと箱詰め作業をして運んでいただけました。

また搬入の際も家具に傷がつかないように工夫をして運んでいました。
新築の家に入る際には靴下を履き替えて作業していました。

本棚がどうしても入口ドアから入らないのでマンションの窓の鉄格子をドライバーで外して何とか入れてもらえました。
そして最後10分間は拭き掃除などをしてくれました。

皆さん真面目で一生懸命で礼儀正しかったです。
やはり引越しはサカイが一番と私は考えます。

私の周りもそう言っています。